資格のキャリカレ【糖質OFFアドバイザー】第1回添削問題を提出してみた

暮らしをプチ豊かに

こんにちは、ゆまさです。

資格のキャリカレ糖質OFFアドバイザー講座を受講しはじめてから、早いもので3ヶ月が過ぎました。

3ヶ月で資格を取ろう!と意気込んでいましたが全然進まず、先日やっと第一回添削問題提出。

まだ先は長いです(笑)

サポート期間は、2年間です。

  • 仕事や家事で忙しくて勉強できない。
  • 自分のペースに合わせて勉強がしたい。

そんな方には嬉しいですよね。

私は、自分のペースでゆっくりと勉強しています。

この記事は、第1回添削問題提出について書いています。資格のキャリカレが気になっている方の参考になれば嬉しいです。

第1回添削問題を提出

テキスト1が全部終了したら、第1回添削問題にチャレンジしました。

添削問題の提出は、

  • Web添削
  • 封書で送る

のどちらかになります。

Web添削は、切手&ポスト投函がなくとても便利。携帯電話で簡単に提出できますのでおすすめです♪

結果発表

ところで、第一回添削問題のWeb添削の結果は??90点でした!

添削問題の間違えたところ・わからないところは、解説で確認できますが、解説を読んでもわからないときは、無料質問サービスで確認します。

わたしはここで、もう一度復習しました。

資格のキャリカレ テキスト1の内容

第1回添削問題の範囲は、テキスト1の基礎理論編。

☆学習内容は以下の通りです。

テキスト1 基礎理論編
  1. 「糖質制限」とは何か、まずは全貌をつかもう!
  2. 「糖質制限」に対する世界と日本の動向を学ぶ
  3. ステップ1 糖質と血液・病気の関係性
  4. ステップ2 糖質制限とダイエット
  5. ステップ3 糖質と肌・骨の関係性
  6. ステップ4 糖質と筋肉・肝臓の関係性
  7. ステップ5 糖質制限の体づくり
  8. ステップ6 糖質制限で知っておくべき成分
  9. ステップ7 糖質の取り入れ方について
  10. ステップ8 ターゲット別の糖質制限法

ステップごとにすすめるのがベスト

日によって学習の時間を取れる日・取れない日がありますよね。

計画通りにできなくて勉強が嫌にならないように!ステップごとに少しずつ自分のペースで勉強しました。

①テキストを読む

まずはテキストを読みます。

全部覚えようとするのではなく、さらっと読んで理解します。

音読が一番良いと思いました。

②キャリカレノートをまとめる

キャリカレの資格講座にはキャリカレノートという学習ノートがついていました。

キャリカレのサイトにある資料集を参考にしながらキャリカレノートをまとめました。

③確認問題にチャレンジ

キャリカレノートをまとめ終わったら確認問題にチャレンジ。

確認問題は何度もできます。どこを間違えたのか?解説も確認できるのでわかりやすかったです。

最初は確認問題にチャレンジする前に、暗記をしなくては・・・と時間をかけていました。

しかし、一度確認問題にチャレンジしてみて自分の間違えているところを確認するという方法がベストだと思いました。

ステップごとに勉強をすすめるのがベストだと感じました。

ゆまさ<br>
ゆまさ

勉強できない日が続くと忘れてしまう。

自分のペースでさらっと勉強するがポイントです♪

糖質OFFアドバイザー テキスト1 基礎理論編を終えて

ところでわたしが、糖質OFFアドバイザーの資格を取得したいと思った理由は、

  • 自分や家族の健康のために正しく学びたい
  • 食に関しての資格が欲しかった

です。

しかし、糖質のことを学べば学ぶほど、YMYLだと思えてきました。

YMYLとは・・Your Money Your Lifeのこと

ゆまさ
ゆまさ

糖質のことについて、ブログに書きたいけど

難しいと感じてる。

糖質OFFを学びたいと思ったのは、ブログに書きたいだけじゃなく

糖質のことに興味がすごくあったからなんだよね!

むすめ
むすめ

ええやん!

興味のあることを学ぶのは楽しいからね♡

ゆまさ
ゆまさ

気にせずブログに書くね!

糖質オフを学ぶときは、西城秀樹のYMCA歌っているよ〜

テーマ曲やで(笑)

むすめ
むすめ

どういうこと???

意味分かんない(笑)

あまり気にせず・・・自分らしくブログ運営・暮らし・食生活・勉強をしていきます。

これからは実践編

いよいよテキスト2・実践編、ここからが重要です。

糖質制限を始めていますが・・・主食好きな自分にとっては、続きそうにないような気がしています。

キツイ・ツライ糖質OFFではなくゆる〜く楽しく糖質オフしていきたいと思っています。

これから長く続けれるような工夫を発信していきますので、またの訪問お待ちしています!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました