愛知県のお彼岸団子はこれ!お彼岸団子と彼岸花!豆腐入りモチモチお彼岸団子♡

お気に入り 

こんにちは、ゆまさです。

9月23日は、秋分の日ですね!

今年の秋のお彼岸の期間は、9月20日から9月26日です。

我が家では、お彼岸団子を作り、供えます。

今回は、お彼岸団子を作っている様子と半田市の彼岸花を紹介します。

このお彼岸団子、豆腐が入っていてヘルシーでとてもモチモチですよ!

ぜひ作ってみてほしいです♡

愛知県(我が家)のお彼岸団子

皆さんの地域のお彼岸団子は、どのような形をしていますか?

愛知県民の私は、昔から平ぺったいお団子を供えていました。

色は白色で、ほのかな甘みがあります。

我が家では、この甘味をつけないで(味はなしです)作ります。

今から、実際に作っている様子をお伝えします。

用意するもの

白玉粉 120g
絹ごし豆腐 140g
ボール

今回は、白玉粉120gのものを、使いました。

白玉粉と豆腐は大体1:1が良いと思います。

お豆腐ですが、木綿で作ったことがありますが、絹ごし豆腐をおすすめします。

今回は、豆腐約半分使いましたので140gです。硬さは耳たぶくらいです。

正確に測るより様子を見て調整したほうが良いですよ〜!

白玉粉と豆腐をこねる

白玉粉と豆腐だけでこねます!

最初作ったときわたしは、水を入れないと丸まらないと思っていました(笑)

しかし、心配はいりません!下の写真のように綺麗に丸まります。

白玉粉を成形する

上のように、丸まったら次は成形します。

お子さんと一緒に作られると楽しいですよ☆

愛知県の形はこんな形です。

みたらしみたいに丸くしても、形が揃っていなくても大丈夫!です。

成形した白玉団子を茹でる

鍋にお湯を沸かして(多め)沸騰したら茹でます。

上の画像のように白玉団子が浮いてきてから、3分ほど茹でました。

大きさによっては、2分でも良いかもしれません。

水に入れて、冷ましたら水気を切って完成です♪

モチモチで美味しですので、ぜひ作ってみてほしいです。

我が家は、お供えは白のまま供えますが、食べる時はみたらしだんごのような味で食べています。

お好みで、あんこも美味しいですよね!

お彼岸といえば彼岸花

お彼岸といえば、お墓参りとお団子と彼岸花を思い浮かべます。

愛知県で彼岸花が有名なのは半田市です。

ここからはガラリと変わりまして、愛知県半田市の彼岸花について書きていきたいと思います。

半田市とは?

名古屋から名鉄本線急行内海行きで、58分かかります。

な・な・なんと、新幹線で名古屋から京都までの時間より長いです。

そう考えると遠いかもしれませんが、小旅行には、ぴったりです。

童話作家・新美南吉(にいみなんきち)の故郷として有名です。

新美南吉(にいみなんきち)
日本の児童文学作家。
本名は新美正八。
ごんぎつね(1932年)

「ごんぎつね」の里を散策

ごんぎつね」と言えば教科書に載っているほどなじみ深い童話ですよね。

「ごんぎつね」の舞台となった矢勝川。

矢勝川の堤防には、真っ赤な彼岸花が咲いています。

その数なんと300万本。

半田口駅からは、約11分で、「でんでんむし広場」に到着します。1.5キロのウォーキングコースが人気です。

のどかな田園風景に、鮮やかな彼岸花の赤が映えて、とても綺麗でした。

この日は、少し曇っていましたが、1.5キロのウォーキングコースは良い運動になり、季節を感じられて素敵な休日が送れました。

その年によって彼岸花の満開時期が違うようなので、ご注意くださいね。

ここへ訪れてから「ごんぎつね」がもう一度読みたくなり読んでみました。

読んでいると彼岸花の風景が広がり、想像力豊かになりますよ。

読書の秋に、「ごんぎつね」を読んでみてはいかがでしょうか!

お彼岸団子と彼岸花【まとめ】

今回は、我が家のお彼岸団子と愛知県半田市の彼岸花を紹介してきました。

お豆腐入りのお彼岸団子、ぜひ作ってモチモチ感を味わって欲しいです。

半田市の彼岸花ですが、イベントは残念ながら中止のようです。

できるだけ季節を楽しみたいですよね!

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました